アルヴァ・アアルト生誕120周年記念 国際シンポジウム -アアルトの内省空間-住宅と図書館

イベントの種類:

講演

開催地域:

東京都

イベント概要:

アルヴァ・アアルト(1898-1976)の建築には可視化できない薄いベールのようなものが存在しているように思われます。それによって包まれた室内は、一人で物思いに耽る空間、もしくは読書の世界に没頭する空間に姿を変え、人々を誘います。アルヴァ・アアルトの生誕120周年を記念し、日本建築学会とフィンランドセンターの共同主催で、「内省する空間 Introspective Space」と題し、国際シンポジウムと展覧会を開催します。国際シンポジウムではフィンランドからJKMMアーキテクツの一人テーム・クルケラ氏とアルヴァ・アアルト財団のトンミ・リンダ氏を招聘し、現代におけるアアルトの意義を再考します。JKMMアーキテクツは1998年よりヘルシンキを拠点に活動している4人の建築家が率いる設計事務所で、《トゥルク市立図書館》(2007年竣工)や《セイナヨキ市立図書館》(2012年竣工)などを手がけています。日本建築学会建築博物館ギャラリーにおける展覧会では、複数の大学研究室の学生らによって製作されたアアルトの模型を展示します。アアルトの空間を多角的に読み解く機会になれば幸いです。

 

開始日:

2019-03-16    13:30

終了日:

2019-03-16    17:30

会場:

建築会館ホール

主催:

一般社団法人日本建築学会、フィンランドセンター

ウェブサイト:

https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=615789