日本フィルハーモニー交響楽団第711回東京定期演奏会

イベントの種類:

コンサート

開催地域:

東京都

イベント概要:

2019年はフィンランド・日本外交関係樹立100周年の記念の年です。フィンランド人のピエタリ・インキネンと日本フィルの初共演は2008年、シベリウスの交響詩”エン・サガ”でした。お互い一目ぼれとなり、翌年には首席客演指揮者に、そして2016年には首席指揮者に就任。2019年4月にはフィンランドを含むヨーロッパ公演を13年ぶりに行います。東京定期演奏会で演奏するのは、現代の指揮界と作曲界の両翼を牽引するエサ=ペッカ・サロネンのヴァイオリン協奏曲です。2009年に世界初演された、まさに「現代の音楽」。ソリストには記念すべき公演にふさわしい世界的ヴァイオリニスト、諏訪内晶子を迎えます。湯浅譲二作曲《シベリウス讃》、組曲《レンミンカイネン》にご期待ください。横浜定期演奏会での記念公演はオール・シベリウス・プログラム。フィンランドのヴァイオリニスト、ペッカ・クーシスト氏を迎えるヴァイオリン協奏曲、そして自身の50歳を祝う祝典のために書かれた壮年期の楽曲で、フィンランドの自然と誇り高き精神を描いた、まさに記念事業にこそ演奏されるべき傑作、交響曲5番等をお贈りいたします。

開始日:

2019-06-07    

終了日:

2019-06-08    

会場:

サントリーホール

ウェブサイト:

https://www.japanphil.or.jp/sites/default/files/phil_2018_0411_2_fix_sai.pdf

ニュースレター登録

カレンダーに新しく追加されたイベント情報を月に1回、まとめて受け取ることができます。配信停止はいつでも可能です。

17162

お知らせを受け取る

EMAIL NOTIFICATION

Receive a MONTHLY summary of
recently added anniversary events via email.
You can unsubscribe at any time.

17162

NOTIFY ME